お笑い担当論。

2018/11/02(金) AM 10:38 じ論丼。
 グループで必ず居る
"お笑い担当"
だいたいそうではない。
芸人を扱ったことがないマネージャーが言い出すのか
若いメンバーどうしで誰かが言って
「そうだねw」
なんてことで決まるのか

本番でそんなのを聞く
で、聞いてみるとだいたい
「そんな無茶ぶりを?」
って答えで、スカされる。
お笑い担当で、スパッと落としてくれる人見たことない。
で、こういう人らが決めつける
"お笑い担当"
思い返してみる
●発言の最初を取りに来る
  だいたいへ〜で終わる。
●声が大きい
  地声がとにかく大きく、収録では邪魔やなーとも思う。
●「ちょっと待ってくださいよ!」という
  待ってみると、「いや、本当に待たれても」って被害者ヅラする。
●誰かが喋って、シーンとしてたら「からの〜。」って言い出す。
  普通のコメントも聞きたいから、シーンとしてるわけではないのにな。
●発言前、手を口に置いて考えてる風の間をとる
  そんなに待たれへんねんなー。

お笑い=芸人
ではないにしても、"お笑い"を担当させるってことを軽視してる感じがあって怖い。
見に来たお客さんを確実に笑わせることができる なのか、
あっという間に和やかな雰囲気にする なのか
なんとなく、上に当てはまるからそう呼んでる気がする。
んで、芸人なんて
"お笑い担当"って言われたら、絶対そこじゃない新しいのを発掘したがる。
みんながいうてるのじゃないのを探すのが好きな職種やからね。
で、そのほとんどがその"お笑い担当"ではないところで面白い人を捜し当てる。
それは、その日その場の面白い人であって、共演者が変わったらまた変わるやろう。
そうなってきてもガンガン入ってくるのが
"お笑い担当"の人である。
メンバーの"お笑い担当"は自分なんだ!って変なプロ意識が発動して
その場で見つけた面白い人に絡んできだす。
もうどうしようもなくなります。
そうなると、よくとる手段は、
終わるのを待つ。
です。ごっそりカットしていいや。
と判断します。気をつけてください。
人によってはちゃんと、なんとかしてくれようとする人もいます。
では、どうしたらいいか?
"お笑い担当"というのを紹介しなくて良い。
それか、
「お笑い担当がいないんで、ココで探して欲しい!」
って入り口のが良い。

そんなの関係ない!って勇気があるなら、もっと踏み込んで
「グループの"ボケ担当"なんです。で、こっちが"ツッコミ担当"です!」
って、言ってみてください。
それを紹介してくる人を、むき出しにしようとし出します。
"お笑い担当"
いう時は、共演者にどんな人がいるか 想像して発言してみましょう。
  

コメント(1)

芸人さんて、頭の回転のよい人でないとやっていけませんよね。
いつもそう思います。

SNOOPY順ちゃん

2018-11-07 04:37:01

URL
1

男性/B型
誕生日:2月25日

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS
RSS

モバイル版ブログURL:
お問い合わせ
mobile@shochikugeino.jp