年賀状論。

2019/01/03(木) PM 06:14 じ論丼。
 年末に年賀状を書きます。
我が家では、僕がプリント係。
写真を何枚か選びレイアウトを作り、妻が写真を決定します。
で、プリント。
親戚には子供の写真。
仕事関係には干支。
で、子供は同級生に干支シールと一筆。
妻も友達に一筆。
僕も僕の知り合いに一筆。
と、4人家族、四種類のグループ分けがある。
元旦。
年賀状が届く。
あ、この人出してなかったのに届いてる!
僕は、まあ会った時に言うからええわ
となるが、
妻と娘はそうもいかない。
書く。
出す。
逆もある。
こちらが出してたのに向こうが書いてないパターン。
それが届くのがだいたい3日。
年賀状のやり取りは元旦では終わらない。
これは毎年同じ人間関係でやってないから。
ただ、必ずやってるのは 一筆添える事。
ダイレクトメールではないので、一筆添える。
毎年年賀状をくれる後輩もいるが、
一筆も添えられてないので、返事は出していない。
会った時に その話もない。
ただ、結婚してから毎年くれてる。
祝儀をあげたからなのか分からないが、大事なのは
仕事と同じで一言だ。

ラインやメールでくれる後輩もいる。
「今年は、ご一緒できるように頑張ります!」
と、少し悲しい新年の挨拶。僕はこう返す。
そうはならないようにぶっちぎりで頑張ります。
「ちょっとちょっと!僕もっと頑張りますから!」
このやり取り去年もやってるで、そろそろ頑張ってくれ。

少し悲しい新年のスタートを毎年切っている。

コメント(1)

我が家もグループ分けしてます(^.^)
やはり、送る方への一言添えてあると嬉しいですよね。
自分のことを考えて、一言書き加えて書いてくれたんだなって。

後輩もしっかり有野さんについていかないと、どんどん離されてしまって必死ですね。
有野さん、逃げる逃げる( ̄* ̄)

SNOOPY順ちゃん(私が本物)

2019-01-16 02:48:33

URL
1

男性/B型
誕生日:2月25日

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS
RSS

モバイル版ブログURL:
お問い合わせ
mobile@shochikugeino.jp